伝説の160年を祝う

1857

Giuseppe Borsalino

4月4日、Giuseppe Borsalinoは、イタリア北部の町、アレッサンドリアで、イタリアで最も古い高級帽子の製造会社を設立しました。

1888

1888年、ボルサリーノはアルナルド・ガルデッラがデザインした新しい工場をチェント・カノニに開設しました。現在はアレッサンドリア大学の本部とボルサリーノ博物館になっています。

1900

ボルサリーノは、帽子の品質が高く評価され、パリ万国博覧会でグランプリを受賞しました。これをきっかけに、ブランド名は世界中で有名になりました。

1920

ボルサリーノは、当時最も影響力のあるアーティストに広告のデザインを依頼しました。 その歴史の中で、アレッサンドリアのブランドは、マルチェロ・ドゥドビッチ、ジョルジョ・ムッジアーニ、ジノ・ボッカシル、マックス・フーバー、アルマンド・テスタと協力しながら、アートの世界と継続的な関係を築きました。

1925

ボルサリーノブティック1号店がアレッサンドリアでオープン。

1930

ハリウッド映画でボルサリーノの帽子が採用され、これを機に 映画との関係が持続する運命になったと言えるでしょう。 忘れられない映画「カサブランカ」のラストシーンでは、ハットのフレームが何よりも際立っています。カサブランカのハンフリー ボガートとイングリット バーグマンはもちろん、映画「8 1/2」のマルチェロ マストロヤンニ、「勝手にしやがれ」のジャンポール ベルモンドもボルサリーノを着用しています。

1950

ボルサリーノの男性用帽子に、女性用に特別にデザインされたコレクションが加わりました。

1970

ボルサリーノは、世界で初めて映画のタイトルにブランド名を使用されました。ジャック ドレー監督、アランドロンとジャンポールベルモンドが主演した映画は著名作となりました。

1975

帽子のリボンには金色のBorsalinoのロゴが輝きます。

1980

Borsalinoに、最高級のエクアドルの天然草で作られたパナマハットコレクションが加わりました。

2009

2009年にミラノで開催されたトリエンナーレデザインミュージアムが主催する「Serie Fuori Serie」(「シリーズオフシリーズ」)の展示会で、ボルサリーノはイタリアデザインを象徴するブランドとして祝杯されました。

2011

ミラノのトリエンナーレ美術館では、「Il cinema con il cappello」という展示会を開催しました。 「Borsalino e altre storie」(「帽子をかぶった映画。Borsalinoとその他の物語」)。

2016

インディペンデント映画監督のEnrica Violaは、アレサンドリアの町のためにドキュメンタリー映画の「Borsalino City」を制作。 トリノ、バルセロナ、メルボルンの映画祭で上映されました。

2017

160周年

ボルサリーノの160周年を記念して、イタリア経済開発省はボルサリーノが「生産システムの卓越した例」のひとつとして認めるとともに、ボルサリーノに捧げられた0.95ユーロの切手を発行しました。

詳しくは

ボルサリーノの商品は、直営9店舗と世界中の厳選された約550の販売拠点を通じて販売されています。